メンズ 黒シャツコーディネート着こなし方

黒シャツを涼しく着こなす方法
春夏のシャツの定番といえば、白やチェックシャツですが、あえて黒のシャツを着こなしに取り入れてみる

素材感がさらっとしたきめ細かい生地の方が涼しい感じが出ます。ダンガリーなどのごつい、分厚い生地だと重たくなるので、パンツを半パンにしたり、ボトムスを軽くするとバランスはよくなりますが、普通のパンツに合わせるなら、少しさらっとした生地の黒シャツでコーディネート

右の居酒屋の店員さんみたいなコーディネートのシャツはジバンシー。


無地の、飾りも何もない黒シャツの着こなしにノンウォッシュ系のデニム、ジーンズをコーディネート。どちらも暗い色ですが、なんかさわやかな組み合わせです。パンツがスキニーで細めなので、清潔感もあります。
ジャージ素材のスキニーデニム

綿:100% ボタンダウンシャツ


この黒シャツは、少し暑い感じがしますよね。これはレザーシャツなので、前を閉めてシャツとして着るよりは、インナーにTシャツや、タンクトップを着て、その上に羽織る感じで着こなすとかっこいいです。
こういう感じで重ね着するとかっこいい


羽織りものとして使う黒シャツ

まずはこのシャツがおすすめです!カットソー付の麻混シャツ

下のコーディネートの写真、全部ボーダーシャツをインナーに着こなしているんですが、このボーダーシャツもついているというお得さ☆
インナーはほかのものに変えるとしても結構この着こなしを見てもバリエーション豊富にコーディネートできます。
ベージュのチノパンや、ジーンズはたぶん持ってらっしゃると思うので、今年買うとしたら、白の半パン?ですか。


おなじみの人気ブランドバーバリーの黒シャツは袖の折り返しがバーバリーチェックなので、さっぱりとした着こなしに使えます。

きれいな黒シャツにはゆるめのスラックスでカジュアルに。

日本製アンクル丈スラックスパンツ


総柄のブラックシャツで真っ黒から脱出
ベースがまっ黒でも、柄が入っていると重くなりにくく、コーディネートもしやすい
左のシャツはヴァンパイア柄です。

個性強すぎると思う方には普通にブラックドット柄がおすすめです。


ノースリーブの黒シャツで大人のコーディネート
男性がノースリーブのシャツを着るのは、モテるかモテないかでいうと、モテないと思いますがw
たまにこういう人見かけるので一応載せておきます。

一昔前でいうとスギちゃんですが、今でいうとオチョの人です。

DVD付 オチョダイエット 8の字が作りだす究極ボディ


黒シャツに合わせるボトムス・パンツ

黒・ブラックという色自体が少し暑いので、ボトムスの素材を麻などが入った、いかにも涼しく見えるパンツにすると大人っぽく、かっこよくコーディネートできます。今年は足首を見せる丈がはやっているので、最初から短めのものを買っておくと今年風の着こなしができます。あと、ポイントは、いくらクロップドパンツでも、裾を最低1回、できれば2回くらい折った方がかっこいいです。
黒いさっぱりしたシャツなら、パンツが涼しい素材の麻や、夏の素材なら同じく暗い色でも涼しくコーディネートできます。



LUISAVIAROMA Men’s Sale

2017 海外ブランド サマーセール始まりました♪

高級・海外ブランドはセールがお得です☆



Comments are closed.