コートを脱ぐ季節が近づいてきました。
春の羽織物といえば、テーラードジャケットやジージャンがあるわけですが、今回はカジュアル服の定番デニムジャケットの着こなし実例を特集

今から買う方も、今もっているジージャンの着こなし方を参考にしたい方にもお勧めの記事です。

[マルイ] 13.25ozセルビッチデニムジャケット/goa(メンズ)(goa(MENS))

すぐに使える ジージャンコーデ


メンズ デニムジャケット

ジージャンとホワイトパンツのコーディネート

DSQUARED - PAINTED AND RIPPED COTTON DENIM JACKET
ジージャンに普通のTシャツを着て、ボトムスに白いパンツで爽やかな着こなし。

持っていない方、今年は是非白いパンツをコーデに取り入れてください。おすすめのパンツ→日本製ストレッチスホワイトチノパン
ベストセラーの人気パンツに新色の白が出たんです!

白いジーパンはこちら→スリムラインのホワイトデニム

ジージャンはインポート物です
DSQUARED – PAINTED AND RIPPED COTTON DENIM JACKET



もっとリアルに想像しやすいモデルを。
先ほどのモデルの着こなしと比べて、首・足首共に肌を見せると少し垢抜けるのが分かると思います。



あと、この手のきれい目の着こなしの時は、デニムジャケットのサイズ感を少しタイトに。

インディゴブルーのデニムジャケットならほかの色のパンツも合わせやすい。

白パンツ



インディゴブルーに黒パンツの着こなし
この綺麗なインディゴブルーのデニムジャケット、なんと!スウェットなんです。デニムの硬さが苦手ならこういう柔らかいスウェットならパーカー感覚で使えるので便利そうですね♪

デニムにボーダーという定番の合わせ方ですが、シンプルイズベストな着こなしに。
スウェットデニム(インディゴ)
インナーのボーダーカットソー
ストレッチパンツ
レザースニーカー



色違いでサックスブルーもあります。

このサックスブルーというか、薄い色のジージャンはいわゆるデザイナーブランドからはよく出ていました。
もっとシックに大人っぽく着たいなら、ビンテージ色が強いジージャンを
Petit Prime デニムジャケット

海外有名ブランドの2016SSジージャン



左から安い順に約・3万円~50万円まで(笑)5万じゃないですよ…五十数万です
その、サンローランのデニムジャケットは、装飾の方にお金がかかっていまして、スタッズまみれです。
SAINT LAURENT - STUDDED STRETCH JAPANESE DENIM JACKET
というわけで、価格的にも先ほどの日本のジージャンがおすすめです❤

インディゴスウェットジャケット

白いジージャン

ホワイトデニムジャケットにはグレーのスウェットが合う!
スウェットパンツをどうやって着こなそうか悩んでいるなら、白いジージャンです。

[マルイ] 別注 Gジャン/ナノ・ユニバース(メンズ)(nano universe)
スウェットパンツでなくても、ライトグレーは白いジージャンに合わせやすい
こういうシルエットがきれいなものを

ライダースジャケット風ジージャン

ライダースジャケットのデニム版でサックスブルーのこのジャケット。
お洒落が好きなら買っておくと使えるかもしれません。
2016春夏BALMAINからもライダースデニムが出ていますが、BALMAINなら30万近くする!

BALMAIN
DESTROYED COTTON DENIM BIKER JACKET



そんなにかけなくても、ブランドにこだわらなければダブルのライダース型デニムジャケットはちらほら見かけます。