優しい色合いの小花柄のシャツ。
最強のモテアイテムです。今シーズンハイブランドのGIVENCHYも花柄が豊富ですよ。
ということは、インスパイアされるほかのブランドも結構取り入れてくると予想されます。花柄シャツは結構競争率が高いので、見つけたら早めに手に入れることをおすすめします。

イタリアインポートの花柄シャツをチェック

特に小花柄はすぐになくなる傾向があります。大きい花柄はアロハっぽくて着こなしづらいのもあってか、結構残る傾向も見られます。

小花柄で自分の気に入った色合いはすぐにポチッたほうが良いです。
特に特別な着こなし術が必要なわけでもないので、普通にチノパンやデニムパンツに通常通りコーディネートに取り入れてみてください。

[マルイ] 【予約商品】フラワープリントシャツ/モルガンオム(MORGAN HOMME)

花柄初心者におすすめの小花柄シャツ
大人めに着れる小花 柄シャツ
優しい肌触りの淡い小花柄シャツ
和風な印象の小花柄シャツ

こういう甘い色にポイントがあるシャツにおすすめなのが細すぎず、太過ぎないシルエットのパンツです。
すっきりシルエットのカーゴパンツ
このカーゴパンツ、素材には、上品な光沢と日常動作も楽に行える高密度サテンストレッチを採用。 表情豊かなその素材感によって高級感と上品さがカーゴにプラスされました。
さらに、美脚効果を作り出すために工夫されたのが独特な縫製によるシルエット。腿の部分にダーツを入れることにより、余分なたるみをカット。 さらに膝から裾にかけて適度に絞られたテーパードシルエットによって、キレイめ感を底上げ。 まさにお洒落な大人のためのカーゴです。 

春なので色はカーキ、もしくはベージュがいいと思います。


デニム・ジーンズに合う花柄シャツ
ブルーのデニムに合う花柄シャツを探す時は、同じくブルー、青いポイントがあるものを選ぶとまとまったスタイルでコーディネートできます。

ブルー系の花柄ならノンウォッシュ・ワンウォッシュの濃いインディゴジーンズでも合うと思いますが、春なのでデニムの色も少し明るくすると、花柄のシャツとよりコーデしやすくなります。

コチラのデニムは、まるで長年穿きこんだかのような色落ち加工で、届いたその日から、絶妙なヒゲやアタリ感が楽しめます。
ポイントになっているのは、シンチベルト(尾錠)&レザーパッチ。
ヴィンテージデニムのようなディティールで、よりこなれ感のあるスタイリングへと昇華してくれます。フラップ付きのバックポケットで、後姿も抜かりなくお洒落に演出。
スラッとしたストレートの美脚と魅力的なカラーで、周囲を魅了するデニムスタイルを


生地にブロード素材を使用し、地合いが密なこの生地はなめらかな肌触りと光沢があり、歯ながらが爽やかさをプラスしてくれます。また、上質なコットンに洗いをかけたおかげで、体を優しく包み込むような着心地も実現。フラワープリントの総柄が、フォーマルで硬いイメージになりがちなシャツをカジュアルダウンさせ優しい雰囲気にしてくれます。

カフス裏部分には別生地を使い、袖口を捲って覗かせると着こなしのアクセントにもなります。爽やかな印象のデザインは、カジュアルダウンアイテムとして幅広いスタイルに対応し重宝します。縫製にこだわったMadeinJapanのお薦めなシャツです。
ブロードフラワーパターンレギュラーカラーシャツ

ジーンズはやはりブルーの花柄によく合います。

ベージュチノに花柄シャツで着こなし



ベースが白に近い場合はベージュのチノパンを合わせるとすごく爽やかに着こなせます。
特に花柄が薄いパープルやピンク系だとよりベージュのチノで優しい印象になり、モテコーデ完成です。

もっと爽やかに着こなすにはホワイトジーンズです。
花柄をかっこよく着こなすには、少し男らしい印象を持たせたほうがいいので、長袖シャツの場合はまじめにボタンを留めて普通に着るのではなく、ボタンは外して、袖を少しロールアップして腕を見せるほうがかっこいいです。ただし、襟元はあまりあけないほうがいいです。

[マルイ] シャツ(小花柄シャツ)/アビービルプレス(ABBY VILL PRESS)
花柄のジレに赤いパンツで着こなし

[マルイ] ジレ(フラワープリントリバーシブルベスト)【スマート5月号掲載・山本裕典さん着用商品】/メンズ ビギ ファースト(MEN’S BIGI FIRST)
華やかな、ほぼアロハシャツのような雰囲気の花柄に赤いパンツを合わせてみる。

花柄の中の色1色をポイントとしてパンツの色に持ってくると、全体的にまとまったコーデが完成します。ビビッドカラーのパンツは色にボリュームがあるので、シルエットは細身にすると春夏のスタイルも暑苦しくなりません。ということでおすすめのスキニーパンツ。
Dickiesのレッドスキニー

大人の花柄シャツはこう着ます。
シャツ自体は無地で、袖を折り返したところが花柄。
こういうシャツは結構よく見かけます。

[マルイ]【セール】シャツ(ロールアップフラワーアクセントシャツ)/キャサリン ハムネット ロンドン(KATHARINE HAMNETT LONDON)
トップの花柄シャツのシルエットが少しぴったり目の時に、パンツもピタピタ細身だとバランスが取りにくいので、シャツが細身ならボトムのパンツは少し緩めのスタイルにすると、力を抜いた印象でお洒落です。
素材をスラックス調にすると、少しドレッシーな大人の花柄シャツにもよく合います。


ヨークやポケットのフラップの形、随所に施されたボタンなど、ウエスタンシャツに欠かせないディテールを残しつつも、スリックらしいスッキリとしたフォルムに仕上げました。ブラスト加工によって作り出された味のある雰囲気が魅力の一枚です。何年か着込んだようなアタリ感がビンテージのような表情を演出してくれます。どちらも、ナチュラルで綺麗なブルーが特徴。

インディゴのデニムパンツで高級感を

春、秋、冬と3シーズン着られるデニムシャツは、羽織りアイテムとしてはもちろんカーディガンやジャケットの中に合わせても使用出来ますので、幅広いコーディネートに対応できます。着心地の良いやわらかな肌触りも魅力です。

ブラストデニム ウエスタンシャツ
このシャツは色違いでライトブルーもあるんですが、ライトブルーならベージュのパンツが合うと思います。
おすすめ&売れているのパンツはこちら
日本製 美脚ストレッチスチノパン

イタリアの花柄シャツコーディネート

2014 バーバリーより。赤と白の2色花柄に靴をブルーにするのが新鮮です。
BURBERRY PRORSUM – FLOWER PRINTED COTTON POPLIN SHIRT
BURBERRY PRORSUM - FLOWER PRINTED COTTON POPLIN SHIRT

All over flower print. Made in Italy. Sample size: 38

BURBERRY PRORSUM