メンズポロシャツをカジュアルに取り入れて着こなし

♻2017/09/01 ⏱2014-03-09

まず、ポロシャツとは?
ポロというのはそもそも貴族のお遊び、馬を使った競技ですが、貴族らしく動きやすさを重視しつつ、襟をつけたんでしょうかね。襟って結構階級に関する言葉が多いですから、彼ら的には重要なんだと思います。
ホワイトカラーとかも襟の話ですし。違いますかねw
ということで、動きやすいシャツということでもあるわけです。
メンズポロシャツ一覧

春夏は汗をかいてもすぐ乾き、アイロンも必要ないポロシャツが便利です
ポロシャツをコーディネートに取り入れることに躊躇する方は、多分、どうしてもゴルフのおじさんっぽくなってしまうからではないかと。今回は

ゴルフ着にならないポロシャツコーデ特集

Menu
ポロシャツとジーパンのコーデ
ダークカラーのポロシャツを夏に着る
ベージュのパンツを合わせたい
よりシックに大人っぽく着こなす

ゴルフ着っぽいきこなし?

派手な色にしても何をしてもゴルフっぽくなるのは、やはり素材・柄だと思います。このボーダーポロシャツもスポーツブランドのナイキのものなのでどうしても、スポーツ色が濃く出て、ポロシャツ=ゴルフの香りが漂う…
ゴルフ行くならいいですが、そうでなければちょっと外れてしまうかも

ポロシャツをパンツに「イン」してベルトもゴルフ着っぽくなりそうですね

ゴルフ着にならないポロシャツ

まずはポロシャツを手に入れないといけません。
スポーツ色が薄いポロシャツのおすすめがこちら。カラーバリエーションが豊富です。




色それぞれの着こなしは下に続きます

ポロシャツとジーパンのコーデ

タイプが異なるポロシャツなので、雰囲気が全然違いますね☆

右の方はよく見かける着こなしではないですか。スポーツ色が強い普通のポロシャツ。
左の方は素材や袖・丈長さが普通のポロシャツとは少し異なり、シルエットも体にフィットするように作られているので、すっきり見えます
この違いは好みなのでお好きな方を
春夏ポロシャツの着こなしで垢抜けやすく着こなす方法は、ジーパンの丈です
足首が見えると垢抜けやすいので、クロップド丈のジーンズや、少し長いなら2回くらい折って履くと足首見えると思います
それ以上をるともっさりするかもしれないので注意です
ロールアップの織り目がボコッとするともっさりします。

足首を見せるだけで一気に垢抜けるので、是非トライを。
まだサンダルは早いですが、サンダルでなくてもデッキシューズがたいていどのサイトにも常備されています。
靴下を履くなら靴から見えないようにシューカバーなどに変更を

ダークカラーのポロシャツを夏に着る

ファッションのテイストが、そこまでカジュアルではない時は、こういうダークなポロシャツには、ノンウォッシュのジーンズやブラックデニムで、普通に履くのもありだと思います。夏に暗い色のポロシャツは着こなしが難しそうですけど、シンプルにインディゴブルーのジーンズでかっこよく着こなせますね☆

the DARKESTの色、黒いポロシャツを着こなす。
夏に黒は暑い!と思いますが、顔が涼しい方は黒を着ても暑くならないので、モノトーンでまとめた着こなし例。

黒いトップスにあわせるパンツのおすすめは、グレーパンツです。真っ白や、ベージュよりも、コントラストが弱いので、逆に涼しい印象になる感じがしませんか?。
ポロシャツ(ブラック)
チノパンツ

真っ白のパンツを合わせる
白パンツなら、どんな色でも合う!特に夏は合わせやすいですね
明るい色、原色、ブラックでも爽やかになる

ベージュのパンツを合わせてコーディネート

結構何色にでも合うのが、グレーや黒のパンツではなく、ベージュのパンツです。

ベージュのクロップドパンツ

クロップドパンツでも、裾の縫い目がそのままより、少し折るほうがカッコいいですよ。

よりシックに大人っぽく着こなす

上下、どちらの色もあまりはっきりさせない、くすみカラーでコーディネートすると、大人っぽくなります。

すでに大人の自覚がある方は逆にくすんだ色にするとふけて見えるかもしれないので、自分のイメージに合うように選択してください。

カスタムメイドで自分流を貫く

■ 高級・海外ブランドはセールがお得☆



タグ