男のブルージーンズ・デニムパンツの着こなし方

♻2016/01/26 ⏱2014-02-26
定番中の定番、持っていない人はいないんじゃないかというデニムパンツ。カラーデニムもトレンドですが、やはりブルーはコーディネートに欠かせない。
有名ブランドやセレクトショップにあるジーンズはかっこいいですが、何万円もします。そこまでフリークではないけど、そこそこカッコいいジーンズを履きたいという方に、リーゾナブルなジーンズを探して着ました。

ちなみに、右のジーンズは
ARMANI JEANS – 18.5CM DARK DENIM JEANS

春夏は裾を折って履くこともあるので、折り返しが計算されているのもポイントです。
2万円とちょっとします。高いのはいくらでもありますから、今回はもう少し安いジーンズを探してきました。

ARMANI JEANS - 18.5CM DARK DENIM JEANS



今、実際どういうジーンズが売れているのか。
SPUTNICKS
というメンズファッションサイトで人気NO1のジーンズがこれです。
ご覧の通り色が3色ある、いたって普通のジーンズに見えるんですが、このジーンズ、実はジャージなんです。
ジーンズのごわごわした硬さが苦手なあなたと私にぴったりなんです。


左2色のブルーとインディゴは普通にコーディネートしやすそうだし、着こなしも簡単に決まりそうですよね。一番右のワンウォッシュはなんとなく使いにくそうな雰囲気だな・・・と思ったんです。

右のモデルさんが来ているのがワンウォッシュなんですけど、意外に!?かっこよくないですか。シャツできれいめのカジュアルスタイルを作りたいときは、ウォッシュされていない方が清潔感が出るのでこれは3色大人買いしてもいいくらいです。

売れている理由は多分価格です。5,500円(税抜)

サックスブルーのシャツ

インナーのタンクトップ



インディゴブルーのジーンズとシャツの着こなし
ウォッシュ加工があまりされていない、インディゴブルーのデニムとシャツのコーディネートが気に入ったのでもう一つ。

ダークインディゴのストレートデニムです。
さっきのジーンズより少し高いのが写真でも分かります。ジーンズは何で価格が表に出るんですかね?縫い糸?素材なのか・・・よく分かりません。
これカッコいい!と思ったら5,6万するのがジーンズで、テンション下がります。
このジーンズはさっきの倍くらいです。1万円ちょっと。
日本製タイトフィットストレートセルビッチストレッチデニム

日本製ブロードストライプシャツ

中折れハット


チェックシャツにカーディガンを羽織った着こなし例
ギンガムチェックシャツ

ショールカーディガン

インディゴブルーのジーンズはトップスに黒やネイビーのTシャツ・カットソーを合わせてもカッコいいです。
テレコポケットVネック長袖カットソー

ピチピチのジーンズが苦手な方は、リーバイスのワンウォッシュデニムジーンズは少しゆとりがあります。Levis 501ワンウォッシュジーンズ


シンプルにTシャツを着るコーディネート

ストレートのインディゴブルーデニムパンツは、シンプルに、普通のプリントTシャツ、特にブラックのTシャツで着こなすのがカッコいいです。細身のTシャツでコーディネート

ここ最近ずっと流行っているシルエットがテーパード
スキニーとサルエルの中間のような形で、スキニーだとフィットしすぎる、サルエルだとゆるすぎると思う人が多かったんだと。
適度にゆるく、裾は適度に絞ってあるちょうどいいラインのテーパードでジーンズがあります。これは少し高いんですけど、カッコいいです。

適度にダメージ加工がされているので、カジュアルコーディネートがかっこよく決まります。
春なので是非きれいな色のトップスで明るく着こなしてください☆
ターコイズブルーのシャツ

トレーナーでゆるく着こなす時も明るい色で



ジーンズは何歳になってもかっこよく着こなせる、見本のようなコーディネート。全てのアイテムがいちいち高そうですがw

グレーのパーカーもいいですね
→最新パーカーをチェック



カスタムメイドで自分流を貫く

■ 高級・海外ブランドはセールがお得☆



タグ