2018春夏 GUCCIからはこんなニット(左)が&J.W.ANDERSON(右)もレインボーのニットがあり。レインボー流行っているのか?!
GUCCIJ.W.ANDERSON
2018 海外ブランドニット

今回はこの明るい(派手)という意味ではなく、顔色を明るくさせる、第一印象を向上させるようなニット特集です

黒いニットでもブルーデニムや、スニーカーなどで春らしさは出せますが、白いニットに比べると印象が一気に明るくなるのが分かります

お手本はDRUMOHRのニット

1770年からの歴史あるニットウェアブランド
王室御用達の正統派ブランドですね☆

色合いだけを参考にし、手に入れやすいのはこちら
春夏用でコットンなので初夏まで着られます♪

ジーンズならサックスブルーを




サックスブルーのニット

ジーンズはビンテージ調のブルーでも、ブリーチ強めのライトブルーでも合いますよ☆


この場合、デニムはインディゴ系の濃い色よりは、薄いほうが垢抜けやすい☆靴は白のスニーカーで




モテ色ピンク

ピンクは薄い色が使いやすそうですね

ピンクにするときはボトムス・パンツはスキニーではなく、ややゆとりあるスタイル、ジャンルでいうとストリート系にすると取り入れやすいです


アンクル丈で足首が見えると春らしいですね☆
アンクル パンツ

ベージュでシックに

ブルーやピンクがどうしても恥ずかしいならベージュで落ち着いた雰囲気を
ベージュにグレーやカーキなどのくすんだ色を合わせると微妙な色合わせになるので、ここはきれいなブルーデニムを☆


→ この着こなしを見る

グレーっぽいベージュを「グレージュ」とも言いますが、黄色が弱めのベージュなら黒パンツなどにも合わせやすいです
こういう色


ベージュのコットン 100%ニット
デニムパンツ
ローファー(靴)

オレンジっぽいベージュならホワイトデニムで爽やかに

nano・universe ウォッシャブルVニット

2018 おすすめ春のコーディネート集

そのまま使えるトータルコーディネートです
「無難」ではなく、ちょっとお洒落だな☆と思わせる着こなしを